原峠保養園子供達と交歓会 (こどもの日にちなんで)

 

                                                                                                                                                                                        千石綜合観光株式会社 鄭元海社長(左)と土屋彰園長(中央)小坂井二郎市会議員(右)

 

  5月3日原峠保養園(土屋彰園長・子供25人スタッフ19人)を千石綜合観光(株)鄭元海社長と小坂井二郎市会議員が訪問し子供の日に因み交歓会を行った。

  鄭社長(68)は「同園創立者の松井鳳平先生の子息が三好町にて医院を開業し、主治医として永い間お世話になった。児童施設開園から70年近く子供達を大自然の中で育てているのは素晴らしい。少しでも子供達の力になれば…」との思いで6年前から子供の日とクリスマスに交歓会を開いている。

  この日は「読み・書き・ソロバン・挨拶・話し方・後始末」に添って「マンガ世界の偉人Aセット」と折り紙・折れにくいシャープペン・上田周辺の方言話の十勇士ウチワをプレゼント。

  柏餅・ロールケーキを一緒に食べながら「端午の節句に飾り、食べ、入るー鯉のぼり・鎧兜・柏餅・ちまき・菖蒲湯の由来」を話し、子供達が「文武両道」になるよう、武道の基本と呼吸法を解説、5月5日に因み「空手の基本正拳突き55回」を披露し「継続は力なり!」と激励した。

  小坂井市議は「もっと多くの市民に原峠保養園でがんばっている子供達に関心を持って戴きたい。」と語っていた。

高校生代表が「勉強になる事をいろいろ教えてもらった。これから生かして行く」と述べた。

  次回クリスマスには「マンガ世界の偉人Bセット」を持参する事を約束して散会した。

 

 

                                                           園児たちの寄せ書き

 

                                       記事が掲載された「信州民報」と「朝日ジャーナル」